• お問い合わせ
  • ユーザー登録
製品情報 ミドルウェア
シングルサインオン
Linux Connector
for Active Directory
フェイルオーバー型クラスタ
Turbolinux CLUSTERPRO X 3.0
Turbolinux CLUSTERPRO X 3.0
製品概要
CLUSTERPROの機能
システム構成例
製品ラインナップ
製品マニュアル
キャンペーン
Open-Xchangeソリューション

Turbolinux CLUSTERPRO X 2.0 システム構成例


  • 製品概要
  • CLUSTERPROの機能
  • システム構成例
  • 製品ラインナップ


柔軟なシステム構成 »

多様な運用形態 »

サーバーソフトウェアのクラスタ構成例 »



柔軟なシステム構成

拡張性の高い共有ディスク型、コストパフォーマンスの高いデータミラー型等、お客様の環境に適したディスク構成を選択いただけます。

共有ディスク型(SAN接続)

共有ディスク型クラスタ概要図

現用系サーバーに障害が発生した場合、業務データ引継ぎ(フェイルオーバー)に共有ディスクを利用したクラスタです。

共有ディスクは高価ですが、大規模なクラスタシステムを構築できます。

データミラー型

データミラー型クラスタ概要図

Replicatorオプションが必要です。

現用系サーバーに障害が発生した場合、サーバーの内蔵ディスクを業務データ引継ぎ(フェイルオーバー)に利用したクラスタです。

低コストで高可用なシステムを構築できます。小規模クラスタシステムに向いています。



共有ディスク型遠隔ハイブリッドクラスタ

共有ディスク型遠隔ハイブリッドクラスタ概要図

共有ディスク型クラスタ(SAN接続)同士をクラスタリングし、共有ディスクに格納された業務データをサイト間でミラーリング可能です。本機能により、共有ディスク型クラスタを丸ごとホットスタンバイするクラスタシステムを構築できます。
各サイト内の可用性を向上させ、災害に備え、遠隔地へ業務データの退避が可能です。

※サイト間のミラーリングにはオプション製品のTurbolinux CLUSTERPRO X Replicator DR 3.0が必要です。





多様な運用形態

CLUSTERPRO X 3.0は、共有ディスク型は最大32台、ミラー型は最大9台までクラスタ可能です。
また、共有ディスク型、ミラー型ともにスケールアウトができます。

片方向スタンバイクラスタ (Active - Standby構成)

一方のサーバーをアクティブノードとして業務を稼働させ、 他方をスタンバイノードとして待機させる運用形態です。最もシンプルで縮退運転時(フェイルオーバー後)の性能劣化のない可用性の高いシステムです。

概要図 ・正常運転時はアクティブノードで業務APインスタンスが稼動

・縮退運転時はスタンバイノードで業務APインスタンスが稼動


同一アプリケーション双方向スタンバイクラスタ  (Active - Active構成)

2台のサーバーで同一アプリケーションをそれぞれ稼動させ、相互に待機する運用形態です。アプリケーションは同一サーバー上での複数プロセス同時稼動をサポートしている必要があります。

概要図 ・図の業務APは同一アプリケーション

・縮退運転時は一方のサーバー上で複数の業務APインスタンスが稼動


異種アプリケーション双方向スタンバイクラスタ  (Active - Active構成)

複数種類の業務アプリケーションをそれぞれ異なるサーバーで稼働させ、 相互に待機する運用形態です。縮退運転時は性能劣化の可能性があります。

概要図 ・業務1と業務2は異なるアプリケーション

・縮退運転時は一方のサーバー上で複数の業務APインスタンスが稼動


N+N構成(例 3:1スタンバイ)

ここまでの構成を応用し、より他ノード構成に拡張することも可能です。
3種類の業務アプリケーションをそれぞれ異なるサーバーで稼働させ、問題発生時には待機系に業務を引き継ぐ運用形態です。 片方向スタンバイでは、正常時の資源の無駄は1/2でしたが、この構成では正常時の無駄を1/4まで削減でき、且つ、1台までの異常発生であればパフォーマンスの低下もありません。

概要図 ・業務1、業務2、業務3は異なるアプリケーション

・縮退運転時は一方のサーバー上で複数の業務APインスタンスが稼動




サーバーソフトウェアのクラスタ構成例


MySQL、PostgreSQL等データベースを共有ディスクを使用してクラスタリングする場合

Turbolinux 11 Serverに搭載しているMySQLやPostgreSQLといったデータベースを、2機のサーバーで共有ディスク装置を使用してクラスタリングする場合の構成例

図 1:MySQL、PostgreSQL等データベースを共有ディスクを使用してクラスタリング
図 1:MySQL、PostgreSQL等データベースを共有ディスクを使用してクラスタリング


各サーバーに搭載されているCPU数(ソケット数)は1であり、合計2CPUを使用したクラスタシステムです。この場合に必要な製品は下記になります。
製品名 数量 備考
Turbolinux CLUSTERPRO X 3.0 1 本製品はサーバー数ではなく、クラスタ対象サーバーの合計CPU数(ソケット数)が2つまで利用可能であるため数量は1
Turbolinux CLUSTERPRO X Database Agent 3.0 2 本製品はクラスタ対象サーバーにおいてデータベースの死活監視を行う必要のあるサーバ台数分必要であるため数量は2

Turbolinux CLUSTERPRO X 3.0は、2CPUで利用できるライセンスであるため数量は1ですが、各サーバーに搭載されているCPU数(ソケット数)が2の場合は、合計4CPUとなるため、以下の製品が必要です。

製品名 数量 備考
Turbolinux CLUSTERPRO X 3.0
追加1CPUライセンス
2 本製品はサーバー数ではなく、クラスタ対象サーバーの合計CPU数(ソケット数)が1つまで利用可能であるため数量は2



MySQL、PostgreSQL等データベースをミラーディスク機能を使用してクラスタリングする場合

Turbolinux 11 Serverに搭載しているMySQLやPostgreSQLといったデータベースを、2機のサーバーでミラーディスク機能を使用してクラスタリングする場合の構成例

図 2:MySQL、PostgreSQL等データベースをミラーディスク機能を使用してクラスタリング
図 2:MySQL、PostgreSQL等データベースをミラーディスク機能を使用してクラスタリング


各サーバーに搭載されているCPU数(ソケット数)は1であり、合計2CPUを使用したクラスタシステムです。この場合に必要な製品は下記になります。
製品名 数量 備考
Turbolinux CLUSTERPRO X 3.0 1 本製品はサーバー数ではなく、クラスタ対象サーバーの合計CPU数(ソケット数)が2つまで利用可能であるため数量は1
Turbolinux CLUSTERPRO X
Replicator 3.0
2 2
Turbolinux CLUSTERPRO X
Database Agent 3.0
2 本製品はクラスタ対象サーバーにおいてデータベースの死活監視を行う必要のあるサーバ台数分必要であるため数量は2

Turbolinux CLUSTERPRO X 3.0は、2CPUで利用できるライセンスであるため数量は1ですが、各サーバーに搭載されているCPU数(ソケット数)が2の場合は、合計4CPUとなるため、以下の製品が必要です。

製品名 数量 備考
Turbolinux CLUSTERPRO X 3.0
追加1CPUライセンス
2 本製品はサーバー数ではなく、クラスタ対象サーバーの合計CPU数(ソケット数)が1つまで利用可能であるため数量は2




Webやメールサーバーをミラーディスク機能を使用して3機のサーバーでクラスタリングする場合

Turbolinux 11 Serverに搭載しているApacheやPostfixといったWebやメールサーバーを、3機のサーバーでミラーディスク機能を使用してクラスタリングする場合の構成例

図 3:Webやメールサーバーをミラーディスク機能を使用して3機のサーバーでクラスタリング
図 3:Webやメールサーバーをミラーディスク機能を使用して3機のサーバーでクラスタリング


各サーバーに搭載されているCPU数(ソケット数)は1であり、合計3CPUを使用したクラスタシステムです。この場合に必要な製品は下記になります。
製品名 数量 備考
Turbolinux CLUSTERPRO X 3.0 1 クラスタ対象サーバーの合計CPU数(ソケット数)3つであるため、本体製品に「追加1CPUライセンス」が1つ必要
Turbolinux CLUSTERPRO X 3.0
追加1CPUライセンス
1
Turbolinux CLUSTERPRO X
Replicator 3.0
3 本製品はクラスタ対象サーバーにおいてミラーリングを行う必要のあるサーバ台数分必要であるため数量は3
Turbolinux CLUSTERPRO X
Internet Server Agent 3.0
3 本製品はクラスタ対象サーバーにおいてインターネットの死活監視を行う必要のあるサーバ台数分必要であるため数量は3



仮想化環境においてデータベースをミラーディスク機能を使用してクラスタリングする場合

Turbolinux 11 Serverに搭載しているMySQLやPostgreSQLといったデータベースを、1機もしくは複数機のサーバーで構成される仮想化環境でミラーディスク機能を使用してクラスタリングする場合の構成例

図 4:仮想化環境においてデータベースをミラーディスク機能を使用してクラスタリング
図 4:仮想化環境においてデータベースをミラーディスク機能を使用してクラスタリング


仮想化環境におけるTurbolinux CLUSTERPRO X 3.0を使用したクラスタシステムでは、各ゲストOSに割り当てられる仮想CPU数に関係なく、ゲストOS数により必要な製品数が変わります。この場合に必要な製品は下記になります。
製品名 数量 備考
Turbolinux CLUSTERPRO X 3.0 VM
1 クラスタ対象ゲストOS(仮想マシン)が3つであるため、本体製品(2ゲストOS)に「VM 追加1ノードライセンス」が1つ必要
Turbolinux CLUSTERPRO X 3.0
VM 追加1ノードライセンス
1
Turbolinux CLUSTERPRO X
Replicator 3.0
3 本製品はクラスタ対象サーバーにおいてミラーリングを行う必要のあるサーバ台数分(仮想化環境の場合ゲストOS数)必要であるため数量は3
Turbolinux CLUSTERPRO X
Database Agent 3.0
3 本製品はクラスタ対象サーバーにおいてデータベースの死活監視を行う必要のあるサーバ台数分(仮想化環境の場合ゲストOS数)必要であるため数量は3